メンテナンスだけは定期的にしておきましょう

車を売る上で押さえておくべき基本

車を売るときの基本

■相場が不安定

車を今すぐ売りたい! 車を売ると急に言われても、どうしていいかわからない人は多いと思います。 実際、車を売る場合は、専門の業者に委託して、一切を任せるという人がほとんどでしょう。しかし確かに車を売る場合は、専門家に委託した方がよいと思われがちですが、しかしかといってそれだけでは、必ずしも得だとは言えない面もあります。 そこで今回は、車を売る際の、注意点を紹介していきたいと思います。 まず中古車販売というものは、新車とは異なり、相場というものが非常に不安定です。その対象の車の車種から状態、走行距離等の状況で、その値はかなり変動します。

さらに事故者である場合は、相当に値が下がるのは、説明の必要もないでしょう。 車を売る場合に、その辺を総合して評価するので、この価値の見積もりは、素人にはかなり酷です。かと言って業者も商売ですので、独自で買い取る場合はもちろん、売買の仲介をするにしても、車の過失を理由に、仲介手数料等を割り増しされる可能性もあります。 そこで車を売る際に、絶対に押さえておきたいのは、車の販売の際に価格を査定する基準を理解しておくことです。 以下にそのポイントをあげていきましょう。

車をすぐ売りたいなら!

ズバット

ウェブクルー ズバット車買取

とにかく見積り・査定が迅速!複数社に同時に依頼できるため比較も楽々。メールで問い合わせや質問も可能です。

ズバット公式 ズバット詳細

査定ガイド

エイチーム かんたん車査定

こちらのサイトも複数社に一括で査定を依頼できる便利サイト。ズバットとは、参加している業者が一部異なります。

かんたん公式 かんたん詳細

カーセンサー

リクルート カーセンサー

査定や見積りに参加する業者がなんと30社以上。しかし地域が限定されているところもあるため、実質10社程度です。

カー公式 カー詳細

売る時は素早く!

■ただし季節は考える

まず売却は迅速にすること。まず車の価格というものは、一日の経過で万単位で下がるものです。つまり車を売るのが一日遅れるだけで、大きな損失になるわけです。なので売却を決めたら、迅速に行動する。これは絶対に押さえておいて下さい。 ただし車を売る時期については、中古車が最も良く売れる春先を目指して売却計画を立ててください。

次に傷の補修。 これは当然の事ですが、車体に傷やへこみがあると、査定に大きく影響します。最近では軽微なものなら、個人で補修できるツール等も販売されています。 よほど大きな瑕疵でもなければ、業者に委託しないでも補修は可能ですので、できるだけこのようなマイナスポイントは修正して下さい。

次は内装に関する注意点。 シートのへこみや汚れ、あるいはタバコのヤニ等も、当然にマイナスのポイントになります。なので清掃は必至となります。また新車でも車内の臭いというものは、かなり大きなポイントですので、一般的に不快と思われる事がないように、消臭をするくらいの気配りは欲しいものです。

■参考ホームページ

車買取 買取出来るのは良い車だけでなく、廃車にするような車も可能なんです。

メンテナンスしてる?

■売却時に有利

最後はオプションについて。 内装の一環として、オプションの問題もあります。基本は特に条件がなければ、売却の際に特徴的なオプションは撤去しているとは思いますが、通常のオプションとはかなり異なる個性的なものは、人によってその評価が大きく変わります。 行き過ぎたドレスアップは、かなりの確率でマイナスになるので、注意です。なおサンルーフ、フロアマット、ナビのようなものは、基本はプラスになるオプションなので、査定をよくするために備えるのもひとつの方法となります。 なお最後に、これらオプションの注意点として、その機能のメンテナンスも怠ってはいけません。せっかくの装備も動作不良等があれば、当然にマイナスになります。売却前に総点検をするのは、常識的にも当然でしょう。

このように車を売る場合には、個人の工夫と努力で、その価格を上げる事ができるのです。車は特にその使用者の特徴が出やすいもの。 いかに大事に使われていたかというのは、見れば大体は予想できたりします。 なので売却前の清掃や洗車はもちろんですが、普段からの車への配慮があれば、その査定はさらによくなるでしょう。 車を購入した時点で売却を考える人は、あまりいないでしょうが、はっきり言ってしまえば、車も消耗品です。いつ手放すことになるかわからないと言えます。ですから普段からそういった気遣いや配慮を持って扱っていれば、いざ売却の必要が出た時に、大きな意味を持つと言えるでしょう。 ですから車を扱う人は、普段から車というものに、十分に気を遣って扱うという姿勢を持ちたいものです。